永井先生の功績がビルマの竪琴とともに母校−渋川高校に保存されます

渋川高校東京同窓会の伊藤亮一様から連絡をいただきました。

永井恒司先生が1981年〜1987年まで、日本政府の対外援助計画に基づくビルマ製薬 研究開発センター(DCPT)プロジェクトに携わったお礼として、ビルマ政府から約30年前に を受領した「ビルマの竪琴」を母校の渋川高校へ、8月9日、私が車で移送して来ました。 (移送されたのは伊藤亮一様です。紛らわしくてすみません)

渋川高校でビルマの竪琴と併せて展示致します永井先生の紹介及びビルマの竪琴寄贈 の経緯を記載した資料を、8月9日に受領しましたので、以下の通り送付致します。

永井先生経歴・功績_ビルマの竪琴寄贈経緯 2014_08_09.pdf ビルマの竪琴の渋川高校寄贈のニュースを渋川高校東京同窓会のホームページに 掲載しましたので、アクセスしてご確認願います。 渋川高校東京同窓会のホームページ、ここをクリック!!

↑ PAGE TOP