恒友会の”変わり者”を紹介します

恒友会の良い意味での”変わり者”の仲間を紹介させていただきます。

その人は#199617 坂本真史さんです。彼の職業は薬剤師で弁護士です。

私は同窓会報70号で紹介されていたのを見落としてしまい、彼を紹介するのが遅くなりました。心からお詫び申し上げます。

彼は薬剤学教室出身の薬剤師でありながら、苦学迷走を選び弁護士に転身されました。薬剤師の仕事は何かと法律問題が関係しています。有事の際は早めに相談することで、大事に至る前に最良の解決できることが多くあると思います。

詳しい彼のこれまで歩んできた道のりについては、同窓会会報70号の記事を下記に掲載しているのでご覧下さい。

永井薬剤学教室で同じ釜の飯を喰った人間です。有事の時は、必ず皆さんの力になってくれると思います。どうぞ、彼を頼ってください。

もちろんその際は、永井薬剤学教室出身(あるいは恒友会)と名乗ってください。

【経歴】
1997(H9).3 :星薬科大学卒業(卒論教室は永井先生の薬剤学教室)
1998(H10)-2004(H16) :大手調剤薬局チェーンなど(うち約5年は管理薬剤師)
2005(H17).4 :神奈川大学法科大学院入学
2008(H20).3 :同大学院卒業
2010(H22).9 :司法試験合格
2010(H22).11-2011(H23).12 :司法修習(修習地:那覇)
2011(H23).12 :弁護士登録(横浜弁護士会[当時]、現・神奈川県弁護士会)、協同法律事務所
2017(H29).4 :国際医療福祉大学に着任(総合教育センター・准教授)
〈現在に至る〉現在、弁護士になって9年目、国際医療福祉大学の教職と弁護士事務所を兼務しています。

弁護士・薬剤師  坂本 真史
 協同法律事務所
  kyodo-skmt@fork.ocn.ne.jp
 神奈川県 横浜市中区本町3-30-7 横浜平和ビル6階
 電話:045-201-6133

この記事の掲載に際して坂本さんからコメントが来たので紹介します。

7年前の会報に自分が書いた記事を久しぶりに読みました。懐かしい・・。

現在、国際医療福祉大学の教員として、医療従事者の卵(学生)たちに法的なものの考え方や知識を授業で伝えたり、現場で働く医療従事者たちに医療安全に関する研修を行ったりと毎日忙しく過ごしておりますが、7年前に思い描いていた夢を実現しつつあることが今回確認でき、もっとがんばろう!と決心する良い機会になりました。重ねて御礼申し上げます。

理系の薬学から文系の法律家なんてビックリしています。良く頑張りました。今後のますますのご活躍を期待します。 事務局 s55関


恒友会事務局からのお知らせ

恒友会事務局では、迅速な情報発信、通信コストを削減するためにSNSの利用をすすめています。

現在、2種類のSNSの窓口を作りました。LINE、Instagramどれかのアカントをお持ちなら、それぞれのSNSのQRコードを読むだけで簡単に参加できるようにしました。アカントをお持ちの方は是非参加してください。どれか一つで構いません。

1.Lineは「オープンチャット」という昨年8月にスタートしたサービスです。QRコードを読み込めば友達にならずに、Lineのアカントとは別のオープンチャット内だけの名前で参加できます。また、参加者が情報を発信することもできます。なので本名+恒友会コード(恒友会名簿参照)で登録してください。もし、不審、不明な人の参加は管理人(私)が削除します。(おすすめ!)

2.Instagramは、単純に私のフォロワーになっていただきます。私が発信する情報を見られるだけです。

SNSそれぞれいろいろな方法がありますので恒友会会員への拡散をお願いいたします。

 

事務局 関 繁雄  2020.08.24

 
Line Instagram



↑ PAGE TOP